『サキュバステードライフ』の無料試し読みはココ!

笹森トモエの電子コミック『サキュバステードライフ』の無料試し読みをするならこちらのサイトがおすすめ!いきなり会員登録して読むのではなく、そのマンガの特徴を体験できるのが無料試し読みの良いところ。こちらでは、『サキュバステードライフ』の無料試し読みだけでなく、女の子やプレイ内容なども詳しく見ていきます

『サキュバステードライフ』の第3話は秋園栞奈と濃厚セックス!

毎度毎度、サキュバスJKに精子を搾り取られまくっている男子高校生の松河くん。
『サキュバステードライフ』の第3話でも、また新しい女の子に搾精されちゃいます。
その女の子の名前は、秋園栞奈(あきぞのかんな)
セリフを見る限り、どうやら冬子さんとお知り合いかと思うわけですが・・・・・

なんと、彼女もまた、サキュバスJKでした!

まあ、最初の1ページ目の絵柄からして、只者じゃないだろうなって思っていましたし。
かなりエロエロのサキュバスちゃんでも、覚悟はしてましたけどね(笑)。

同じ空間にいるだけで、ヘンな気持ちになってしまうという女子高生。
自然とムラムラしてしまうというか、ヤリたくなってくるというか。
そんな奇妙な気にさせる女の子、みたいです。

まあでも、そんな妙な感じは、その後でリアルに現れることに。
肉棒をギュッと強く、逆にタマタマは優しく握られて

「言って下されば、処理して差し上げましたのに♪」

と、オナニーのお手伝いを始めちゃってます。
ハァハァと発情してしまって、おちんちんを握って放そうとしないサキュバスちゃん。
こんなに発情してしまっていると、止めるのはまず不可能かと(汗)。

「あ~ん♪」と、かわいいお口が開いたかと思えば、そのままパックリ!
チンポの先っぽをチロチロと、かわいい仕草で舐め回しつつ。
パクッと咥えこんで、「じゅぽ♪じゅぽ♪」と卑猥な音を立てながらのフェラチオです。

「もうっ、仕方ないおチンポさんですね♪」

なんて言いながらの、ねっとりとした感じのおしゃぶり。
冬子さんとはまたちがう、まるでペニスに吸い付くようなしゃぶり方ですから。
舌先のザラザラ感がよく伝わってきて、チンポの先端部分を食べられそうになっているような。
そんな感じの、何とも言えないフェラチオというわけですね。

女子高生とは思えない濃厚なしゃぶり方に、少し前まで童貞だった松河くんはたじたじ。
逃げようとしても、このサキュバスJKは逃がしてくれないんです(汗)。

射精一歩手前でジラされているかのような、とっても気持ちいいフェラチオ
松河くんのおちんちんは、美少女女子高生のねっとりとした唾液まみれになっちゃっているわけで。
こんなに卑猥なのを見てしまうと、思わずドピュッと射精してしまうのも納得です♪

そして、秋園栞奈の膣内も、かなり締りが良いみたいで。
いざ挿入してみると、締りが良すぎてトロけそうな感じ。
しかも、それをさらにキュッと締め付けてきているわけなので。
あまりの気持ちよさに、一瞬で射精させられてしまっております(汗)。

膣内の締まり具合を自由自在に変えられる、すごい特技(?)の持ち主。
経験豊富なサキュバスJKの女性器、と言えそうですね♪

『サキュバステードライフ』の第3話では、秋園栞奈とのセックスシーンのみ。
・・・と見せかけて。
桜待冬子と黄泉沢月季乃(よみさわつきの)まで加わって、ハーレムセックスを展開!
3人の美少女JKを相手に、ウハウハのハーレム生活が見どころです。

淫乱JKたちとセックス三昧!
無料お試しはこちらから♪
↓  ↓  ↓
>>サキュバステードライフ




『サキュバステードライフ』の第2話は美少女JKとセックス三昧の毎日!

『サキュバステードライフ』の第2話は、表紙から冬子さんのパイズリ画像
柔らかい巨乳おっぱいを使って、精子を絞り出しているだけでなく。
舌先を出して、お口でもザーメンを搾り取ろうとしていますね。

こんな感じで、第2話は同居生活から3週間後のお話。
相変わらずというか、セックス三昧の毎日を送ってます(笑)。

朝から下半身に感じる、何とも言えない快感。
目を開けてみると、やはりというか、冬子さんの目覚ましフェラ(汗)。
精液を搾り取ろうと、一心不乱におしゃぶり中というわけです。
タマタマまで手で撫でられながら、「じゅぽ♪じゅぽ♪」と音を立てながらのおしゃぶり。
毎朝、美少女JKのこんなにいやらしい光景で目が覚めるわけですから。
世間一般では、ぜいたくすぎるご奉仕プレイではないでしょうか?

ただ、普通の男子高校生だと、こんなに毎日射精していたら、確実にチンコが枯れてしまうはず。
でも、松河くんの場合、冬子さんの影響なのか、童貞の時よりも格段に精力がアップしているようで。
おかげで毎日お盛ん、というわけなんですね(笑)。

もっとも、冬子さんもサキュバスJKということで、朝のザーメン供給だけでは足りなくて。
学校内でも、まるで動物のように、ズコズコとヤリまくり。
早い話が、暇さえあればセックス、という感じです。

一番そそられたのは、体育倉庫での生ハメセックス
あえて体育の授業を抜け出して、夢中でセックスしちゃうという。
なかなかイケナイ娘さんですね(笑)。

ブルマ姿のまま、こちらにお尻を突き出してきたかと思うと。
そのまま、生尻をぺろんとさらけ出してきて、松河くんを誘惑。
すでに愛液で濡れ濡れ状態だったこともありますけれど。
ふっくらとした肉付きのいい桃尻を突き付けられたら

「射精しそう?膣奥にちょうだい♪」

なんて言われなくても、ズッポリと生挿入したくなるのは当然でしょう。

冬子さんに何度も抜いてもらっていると、無意識のうちに下半身がモッコリしてきてしまうもので。
あまりに性欲が高まってきて、幼なじみの黄泉沢月季乃(よみさわつきの)のフェラシーンまで夢見てしまうほど。

こういう具合に、『サキュバステードライフ』の第2話では、相変わらずサキュバスJKとセックス三昧の日々。
冬子さんのザーメン供給のためなのか、それとも松河くんの性欲処理のためなのか?
よくわからないですけど、性欲のままにお互いのカラダをむさぼり合うシーンがエロエロです

サキュバスJKとヤリまくり!
無料立ち読みはこちらから♪
↓  ↓  ↓
>>サキュバステードライフ




『サキュバステードライフ』の第1話では桜待冬子がヌキまくり!

『サキュバステードライフ』の第1話を読む前に、真っ先に目に入ったもの。
それは、最初の1ページ目の女の子です。

メガネをかけた女子高生らしき美少女が、胸元をはだけながら。
M字開脚状態でおまんこを見せつけつつ、ザーメンを垂れ流しているという!
この表紙を見ただけで、ある程度のエロさがわかるのではないでしょうか?

第1話のあらすじとしては・・・・・
両親が単身赴任中ということで、高校生活を一人で満喫中の男子高校生。
そんな彼のもとに、先ほどの表紙のメガネJK・桜待冬子(さくらまちとうこ)がやって来ることに。
クールビューティーという感じの、物静かな女子高生なんですが・・・・・
実は彼女、男性器から精子を吸い取る、サキュバス女子高生だった・・・!

・・・まあ、こんな具合のあらすじになっています。

とっても美人な女の子なので、お近づきになりたいって思うのもわかるんですけれども。
少しだけ下心があったのがいけなかったのか、自宅に呼んだのが運の尽き。
玄関先で押し倒されたかと思えば、そのまま生挿入されちゃうという!

「ご馳走様、よくがんばったわね」

なんて言われても、こっちは挿入経験なんてナシの童貞ですし。
何より、あんなに激しく腰を振られたら、男子高校生はみんな、気持ちよさのあまり気絶してしまうかと(汗)。
サキュバスJKおそるべし、っていうところですかね。

この童貞卒業を皮切りに、この桜待冬子というサキュバスに、毎日のように精子をおねだりされていきます

世間一般では、こんなセックスライフはうらやまけしからん、ってなってしまうもの。
でも、毎日1回だけならまだしも。
朝は寝起きにフェラチオ、学校では立ったままの中出し
そして帰宅後は、全裸のまま生挿入ですから。
こんなにセックス漬けだと、絶倫でもなければ、かなり厳しいんじゃないでしょうか(汗)。

もっとも、そんな冬子さんのエッチなおねだりにも、何とかついていけているのがすごいところ。
精力が上がってきているのも、冬子さんの影響なのかもしれませんね。

生ハメが気持ちいいということで、毎回コンドームなしの生ハメSEX
『サキュバステードライフ』の第1話では、桜待冬子の巨乳とお尻はもちろん。
にゅるるんフェラやにゅぷにゅぷパイズリ、ザーメンがおまんこからタラ~っと垂れてくる様子など。
サキュバスJKの濃厚なエロテクでヌキまくりですよ。

サキュバスJKがおしゃぶり!
無料試し読みはこちらから♪
↓  ↓  ↓
>>サキュバステードライフ